当時の神楽に想いをはせる


f:id:sanchoutako:20190109142605j:image
三朝君の伊勢大神楽巡業も1週間が過ぎました。

今年も、ぼびー君と3人で合宿所生活。時々ゲストがやって来ます。

1月中は、ほぼ休みなし。

三朝君達は、陽が昇る前から親方のハイエースでどこかの町に連行されていく毎日です。

 

先日、神楽帰りの三朝君と二人で『一丁』に呑みに行きました。

高月で行きつけの、美味しい肴が食べられるお店。

カウンター席でお酒や料理に舌鼓を打っていると、お店の大将が「この子ら大道芸やっとるんや」と、隣の常連さん二人組に私たちを紹介してくれました。

 

「大道芸?どんなことするん?」

私たちが答えるよりも早く「獅子舞や獅子舞い」と、大将。

いやいや、獅子舞いと大道芸は一緒じゃないでしょ…と、思っていたら、常連さんの一人が「うちも獅子舞い来るで。石川さんやったかいな。」

もう一方は「うちは来いひんけど、子供の頃は結構楽しみやったなぁ。もう5~60年前の事やけど。」と。

三朝君が「ちなみにどちらにお住まいですか?」と訪ねると、最初の方は近所の旅館のご主人。そしてもう一方は「今は婿入りしてこっちやけど、生まれは○○や。」

「え!○○は僕ら回ってますよ。どこの組でしたか?」

「そやなぁ…。長太夫や。長太夫!ほんま、凄かったで。」

「僕ら長太夫ですよ!」

 

常連さんの話によると、当時の山本長太夫社中と迎える町の盛り上がりは、本当に凄かったようです。

獅子舞いが来ると小学校にも連絡が来て、地域の2校が授業中止。

町中の方々が集まってくるので広い場所が必要になり、神社の境内での総回し(獅子舞いと曲芸の興行?)だったそうです。

 

「肩の上に梯子立ててなぁ。獅子がそれを上るんやで。」

それって、昔の見世物興行の錦絵とかにあるような、アレですか?

そう云えば、三朝君達が伊勢大神楽に参加する事を決めて挨拶に行った時に「ワシの兄貴達がやっとった時は、本当すごかったんやで。」と、80前後の先代の親方が語ってくれたような。

「神社の松の木にワイヤー張って、1本下駄で綱渡りしよった。」

いやいや、それは無いでしょ…って思いながらも聞いていた親方の話は、どうやら本当だったみたいですね。

肩の上の梯子を上るなら、1本下駄で綱渡りもするでしょ。

親方、今まで疑っててごめんなさい。

 

お獅子さんが肩乗りで女形の振りをして練り歩く魁曲を見たときは驚いたけれど、昔はもっともっと凄いこと色々してたみたいです。

 

「もう、サーカスが来た!って感じですね。」と私が云うと「せやで。他に娯楽がなんも無かったからな。大人も子供も、キャーキャー云って喜でたわ。」

「当時の様子、見たいなぁ。」と悶絶の三朝君。

「俺の兄貴が写真をよう撮っとったけど、まだ実家にあるんかなぁ。今は婆さんが独りで住んどるけど。」と、ご実家の特徴を教えてくれました。

 

お話を聞かせてくれた方によると、当時も偽物がいたようで「町の名士がな、2家で、長太夫が来ると旅館とっておもてなしして、ご祝儀も町の分全部払っとった。」

だから一軒一軒門払いに来るのは偽物だと、町中の方が分かるようにしていたそうです。

ちなみに、この方はその名士2家うちの1家の出身。

「今は商売もやめてまったけど、昔はでっちが何人もおってな。」って、地元で1番デカい家の坊っちゃんだったようです。

 

5~60年前の長太夫、とても興味深いです。

どこかに写真が残ってないかなぁ。

とても見たい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酉の市からのぶらぶら

浅草酉の市に行ってきました。


f:id:sanchoutako:20181126100402j:image

相変わらずの、人人人人。

並び始めてから参拝まで約25分。

それでも、すんなりお参りできた気がします。

 

熊手を買って、お隣の妙見さんにもお参り。


f:id:sanchoutako:20181126101306j:image


f:id:sanchoutako:20181126101352j:image

本殿入り口のお獅子さんがペキニーズっぽくて可愛い。


f:id:sanchoutako:20181126101520j:image
そして小さい鈴の量ったら。

いくつ付いてるんでしょうね?


屋台をぶらぶらしていると、なんだかキレイな建物を発見。


f:id:sanchoutako:20181126100712j:image


f:id:sanchoutako:20181126100804j:image

吉原弁財天ってあるのね。

てことは、ここらが吉原?

 

弁財天は芸事の神様!お参りお参り

と、本殿?まで。


f:id:sanchoutako:20181126100936j:image

本殿前の池の手前の看板に気づき「どれだけ金魚いるのかな?」と、池を覗くと


f:id:sanchoutako:20181126101110j:image

金魚…?

 

お参りを済ませて、さらにぶらぶら。f:id:sanchoutako:20181126101222j:image

吉原神社も発見しました。


f:id:sanchoutako:20181126101236j:image
狛犬さんがシューっとしてます。

そして相変わらず画像回転できません。

 

三ノ輪駅に向かって、ぶらぶらを進めると


f:id:sanchoutako:20181126102003j:image

飛不動さんを発見。


f:id:sanchoutako:20181126102021j:image

入り口の唐草の門がカッコいい。


f:id:sanchoutako:20181126102151j:image

行者さんの石像に、ドキッとしました。


f:id:sanchoutako:20181126102140j:image

歩道橋からの夕暮れ。

 

浅草酉の市にお参りするのは3年目。

やっと吉原があった辺りを知りました。

今は奥浅草とか裏浅草とか呼ばれてるらしいです。

 

帰りはメトロで北千住まで。

吉原から小塚原を抜けてコツに来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

足袋を買う旅

三朝君の足袋がボロくなってきたので、足袋を買いに。

レ之介と3人で午前中から出掛けました。

 

R4を北上。


f:id:sanchoutako:20180902215811j:image

まずは道の駅庄和

夏前に購入した「関東道の駅スタンプラリー」を開始です。


f:id:sanchoutako:20180902215831j:image

次は道の駅アグリパークゆめすぎと。


f:id:sanchoutako:20180902215937j:image

玉こんがデカくて美味しくて、感動しました。

 

道の駅五霞は、写真を撮り忘れて、


f:id:sanchoutako:20180902220006j:image

道の駅きたかわべ。

鯉のぼりの手拭いを買い、燻玉とメンチカツで小腹を満たしました。

 


f:id:sanchoutako:20180902220102j:image

道の駅童謡のふる里おおとね。

「おおとね月夜」のおおとね?


f:id:sanchoutako:20180902220143j:image

ホテイアオイって花が咲くのね。

初めて見た…以前に、今まで知らなかった。

すごく綺麗でした。

 


f:id:sanchoutako:20180902220206j:image

最後の寄り道は、道の駅はにゅう。

こじんまりとしています。

スタンプだけ…のつもりが、15分も遊んでました。

関東人気第9位、恐るべし!

 


そしてようやく、足袋の街・行田市に到着。

Googleマップで直行2時間位のはずが、スタンプラリーで4時間近くかかってます。

 

お目当ての足袋屋『千代の松』さんに一旦声をかけて、ちょっと急いでいると告げると「終わってからで良いよ」「車、うちの駐車場に停めて歩いていったら?」「そこを左で次右で…」と、おかーさん。

駐車場を貸していただいた上に道案内までしていただきました。


f:id:sanchoutako:20180902220304j:image

もう1つのお目当て・夏休みこども時代劇。

番台家謝謝くんのTwitterで知ったんですけどね、今回の行田道中は『のぼ一座』さんか?『千代の松』さんか?

どちらもメインです。

 

謝謝くんの浮いてる感は正に適当、良い塩梅。「浮いている」がマッチしているんですよ。

お芝居もアクションも楽しくて、お子たちと一緒にゲラゲラ笑いながらの、あっ!と云う間の1時間弱でした。

ちゃっかりお土産もgetしております。


f:id:sanchoutako:20180902220411j:image

公演会場の行田市商工センターの展示物たちの一部。

ピンクレディ!!!


f:id:sanchoutako:20180902220843j:image

忍城にご挨拶…の途中、カラフルなマンホールを見つけて思い出しました。

マンホールカードだ!

閉館ギリギリに間に合って、うたこ2枚目のマンホールカードをgetしました。

 

ようやく『千代の松』さんに戻り、レ之介のお礼と試着タイム。

「あーでもない。こーでもない。」と、こだわりの三朝君相手に、たくさん商品を出していただきました。

おかーさん、本当にありがとうございます。

 


f:id:sanchoutako:20180902220448j:image

初めて行田に訪れた時、足袋の資料館?のお姉さんから「ゼリーフライなら…」と教えていただいた『かねつき堂』さん。

3度目の正直で、ようやく入店できました。

定休日は月曜日。

偶然月曜日に来てたんでしょうね。


f:id:sanchoutako:20180902220507j:image

卵入りフライ。

フライは、お好み焼きよりも超シンプルなチヂミに近いです。

小麦粉って本当、豚肉が合うね。


f:id:sanchoutako:20180902220533j:image

そしてゼリーフライ

おからさんのコロッケのようなもの。

大量に卯の花を作りすぎた時は是非、ゼリーフライを真似て欲しいです。

すごく好き。本当に好き😋

 


f:id:sanchoutako:20180902220611j:image

と、埼玉・茨城の道の駅をかすめながら、駆け足で行田市を堪能。

『千代の松』さんで足袋を3足購入して帰宅しました。

 

楽しかったぁ😊

 

 

 

 

 

ごろ寝の夏

夏の思い出は富士急ハイランドでの1週間から。
f:id:sanchoutako:20180830133634j:image

 

一旦東に戻って、滋賀県ヤッサの里へ。f:id:sanchoutako:20180830134154j:image


f:id:sanchoutako:20180830134359j:image

とび太を探しながら名古屋に向かい、はくぶつかん茶屋で、ぼびちと遊ぶ。


f:id:sanchoutako:20180830134623j:image

東に戻ってゴジラ捜索。

 

そして滋賀県での5日間。


f:id:sanchoutako:20180830134740j:image

豊郷町で発酵倉を堪能。


f:id:sanchoutako:20180830134858j:image

南郷水産センターで鯉と戯れる。


f:id:sanchoutako:20180830135527j:image

江州音頭発祥の地で、コスプレとび太ちゃん確保。


f:id:sanchoutako:20180830140206j:image

滋賀県「道の駅」スタンプを集めながら東に戻る途中、学友からの贈り物に狂喜乱舞。f:id:sanchoutako:20180830140418j:image

 

再び西に向かって富加町f:id:sanchoutako:20180830140534j:image

久しぶりの無人駅に感動。


f:id:sanchoutako:20180830140557j:image

翌日、名鉄百貨店屋上ビアガーデンでマジックの先輩方と開店から閉店まで。

帰りは御前崎灯台に上りました。
f:id:sanchoutako:20180830140613j:image

充実した夏を過ごしました!

皆さん、ありがとうございます。

 

 

縦写真が寝てしまうのは何故だろう???

 



 

 

 



 

虫とり

子供の頃、兄貴と兄貴の友達Kちゃん♂と3人でよく遊んでいた。

 

夏休みに入り、毎朝のラジオ体操のスタンプを集めることに情熱を燃やしていたある日、ラジオ体操後にKちゃんから「カブトムシを取りに行こう」と誘われた。

昨日、林の木に蜂蜜を塗ってきたのだと云う。

 

今はすっかり整備されて公園になっているのだけれど、私が子供の頃は近所の川に出るためには、林を抜けなければならなかった。

林には木苺や山モモ、アケビや胡桃にシイの実など、季節の楽しみがたくさんあった。

だからリスやウサギ、キツネなど野生動物の目撃情報も聞いていた。

 

そんな林にカブトムシがいない訳がない。ましてや蜂蜜が塗りつけてあるのだ。

私達はワクワクした。


朝の林は人気が無く、私達しかいない感じがしたので、次第に話し声も小さくなる。

クスクスと小さな期待と歓声をあげながら、Kちゃんの案内で林の中を進んだ。

「あ、これこれ!」

 

私達は遂に、Kちゃんの木を見つけた。
ベッタリと蜂蜜が塗りつけてある幹には、数匹のカブトムシとクワガタがいた。

Kちゃんが「シー」っと口元に人差し指をたてるので、私達は忍び足で、その木に近づいた。

カブトムシは目の前だ。

 

嬉々としてカブトムシに手を伸ばしかけたその時、ガサガサと音がした。

 

ビックリして見回すと、前方の草むらが動いている。
ウサギやキツネの大きさではない。もっと大きい。

私達はなるべく音をたてないように、草むらを凝視しながら後退りした。

 

突然、草むらから大きな何かが飛び出した。

「うわぁ!」私達は大声を上げて逃げ出した。

すぐに遠くで大人の声がした。

 

草むらから出てきたのは2匹のポインター
遠くの声は飼い主だと思う。

 

もしも私達が叫ばなければ。

もしも私達の声に飼い主が気づかなければ。

 

猟犬に狩られていたかも知れない、怖い話でした。

 

 

琵琶湖八景


今年の三朝君の獅子舞巡業も一段落。

あとは4月7日の瑞穂通商店街+名古屋市博物館の総回しを残すのみです。

 

1度東京に帰って、週末にまた戻って来ようか?とも思ったのですが、合宿所の居心地が良いので週末まで居残り。

せっかくだから「琵琶湖八景(石碑)をコンプしよう!」と企てました。

 


f:id:sanchoutako:20180406124958j:image

長浜港の観光マップ、参考になります。

 

彦根の古城
f:id:sanchoutako:20180406125511j:image

 

 

②雄松崎の白汀
f:id:sanchoutako:20180406125519j:image

 

 

③比叡の樹林
f:id:sanchoutako:20180406130012j:image

 

 

竹生島の沈影
f:id:sanchoutako:20180406130028j:image

 

 

⑤賤ヶ岳の大観

f:id:sanchoutako:20180406130240j:image

「これくらい楽勝🎵」と勢いよく登り出したら、すぐにゼヒゼヒ。

1km半の重力との闘いでした。

賤ヶ岳との合戦。日頃の不摂生を体感です。

 

 

⑥安土八幡の水郷

琵琶湖八景』の石碑の類いは見つけられず。

 

 

⑦瀬田石山の清流
f:id:sanchoutako:20180406130959j:image

 

海津大崎岩礁
f:id:sanchoutako:20180406131107j:image

 

石碑フルコンプ…とはいきませんでしたが、琵琶湖一周ドライブは桜の季節ともドンピシャで、それはそれは綺麗で楽しかったです。

 

車は、運転席よりも助手席!

鹿は美味しくいただきましょう

しばらくお散歩オアズケのつもりが、ついつい出掛けてしまいました。

木之本~道の駅あぢかまの里。
県道336を歩いている途中、地元のおっちゃんに手招きをされて、近づいてみると鹿の死体。
「駆除した奴が尻尾だけ取って棄てていくんやわ」

駆除頭数の証明に、尻尾を持ち帰るそうです。
「今はエエけど、夏は蛆わいて臭くてかなわんのや」

「鹿、美味しいのに」
「せやろ、鹿旨いのに勿体ないやろ」

私と会う前に、おっちゃんは他に2頭の死体を見つけたそうです。

おっちゃんと別れて、あぢかまの里を目指し藤ヶ崎を進む。

琵琶湖を縦に眺められるから、すごく景色がきれい。


f:id:sanchoutako:20180224124410j:plain

でもねでもね、時々ふと湖岸に目をやると…。

おっちゃんの話を伺って、意識してたわけでも無いと思うけど、フワフワの毛皮付きを2頭、毛皮と頭と肉の無い骨格を4頭、目にしました。

鳥獣の糧になったというよりは、骨だけ棄てていったような桜色の骨格。
(血肉が平気な私は写真を撮ったらupしてしまうので、敢えて撮らなかった。)

駆除ってのは、死体始末まで含むんじゃ無いのかなぁ。

駆除後の獣を引き取って、捌いて市場に卸すルートが確立してないのかなあ。

棄てていくほど余っているなら、ぜひ市場にならんで欲しい。
手軽に鹿肉を買えるようになったら嬉しい肉好きです。

ただただ殺すだけってのは…害獣とは云えなんか、命に対する敬意が無いというか、日本人的では無いというか。

そんな事を考えながらの、お散歩でした。

f:id:sanchoutako:20180224125737j:plain